解決事例 | 離婚問題に精通した弁護士による離婚相談

06-6926-4526,受付時間 平日10:00-17:00(土日祝休業) 24時間WEB受付中
解決事例画像

解決事例

会社の上司と不倫をしてしまったが、子どもの親権と慰謝料を獲得したケース

  • 不倫・浮気

依頼者:女性

年齢:30代

相談前の状況

夫は、仕事が忙しいことを理由に家事育児に非協力的で、子どもが夜泣きをした時も、「うるさい、黙らせろ!」と機嫌が悪く、夫婦仲は冷え切っていた。職場の上司が親身になって話を聞いてくれ、何度か飲みに行く中で、一度だけ関係を持ってしまった。夫から、「不倫をするようなやつは母親失格だ。おまえに子どもの親権は渡さない。慰謝料も請求する。」と言われている。

相談後の状況

離婚調停手続の中で、家事も子育ても妻が一手に担っていたことから、親権は妻が取るべきとの主張を展開した。また、妻が職場の上司と関係を持つよりも前に、夫のモラハラ的態度により夫婦関係は既に破綻していたことから、妻から夫に対して離婚慰謝料を請求した。夫は、妻と妻の不倫相手に対して慰謝料を請求してきた。離婚調停では、双方の事情を考慮して、親権は妻が持つことになり、また、夫から妻に対して慰謝料100万円を支払うとの内容で解決した。

弁護士のコメント

・不貞行為の相手に対する損害賠償請求問題を考える際には、最高裁平成31年2月19日判決が出た以上、不貞行為に基づく損害賠償請求を問題としているのか、離婚慰謝料として損害賠償請求を問題としているのかを意識して区分けすることが必要となるでしょう。

・モラハラ(精神的圧迫)の場合に認められる損害賠償額は、50万円程度~200万円(平均93万円)とする文献もあります。行為の種類や態様、頻度(回数)、継続期間、一方的な行為か等を考慮して決定されます

・モラハラの事案で特徴的なのは、自己に対する過度な高評価(飽くまでも主観的なも

のであり、客観的評価が伴っているかは全く意にとめない)と相手を奴隷ように支配

しようとすることが挙げられます。自分に対する自分自身の思い込みによる高評価の

反面として、相手に対して侮辱的な発言を繰り返したり(お前は馬鹿だから俺の言う

ことだけを聞いていればよい等)、相手を支配しようとして、威嚇的な言動に及んだり、相手の行動を過度に束縛しようとしたりします。

・自分に対する過度な高評価(自分が一番優秀だと勘違い等しているが)故に、相手の代理人に対しても、それによって後でどのような法的責任を問われるかも深く考えずに、盛んに攻撃を加えようとする人もいます。

その他の解決事例

養育費の減額が認められた事例

  • 養育費

前の妻との間に6歳の子どもがいる。前妻との離婚の際、養育費として月10万円を支払うことを約束し、この2年間支払ってきたが、このたび再婚し、もうすぐ子どもが生まれる。私の給料では前妻に月10万円もの養育費を支払い続けると、新しくできる家族の生活が立ちいかなくなる。前妻に養育費を支払わなくてよいか。

詳細を見る

連絡が取れない相手との離婚が認められた事例

  • 親権

SNSで知り合った男性と意気投合し、交際中に妊娠して結婚したが、夫が働かず、生活費を入れないので、子どもを連れて実家に戻ってきた。夫は、一緒に住んでいた家を引き払ってしまったようで、どこにいるのか分からない。別の弁護士に相談をしたら、行方不明の相手とは離婚できないと言われた。

詳細を見る

連絡が取れない相手との離婚が認められた事例

  • 不倫・浮気

夫とはSNSで知り合って意気投合し、交際中に妊娠して結婚した。しかし、結婚後、夫は働かず、生活費を家計に入れないので、離婚することにして、子どもを連れて実家に戻ってきた。ところが、夫は、一緒に住んでいた家を引き払ってしまったようで、現在、どこにいるのか分からない。別の弁護士に相談をしたら、行方不…

詳細を見る

妻が夫の友人達と不貞行為をしていた事例

  • 不倫・浮気

夫が自分の友人達複数人に結婚式の準備の手伝いをしてもらっている間に、友人達が妻と親しくなり、結婚後も不貞行為に及んでいたことが発覚しました。

詳細を見る

離婚問題に関するお悩みは、
離婚問題に精通した弁護士お気軽にご相談ください。

大阪西天満の河合・藤井法律事務所

06-6926-4526,受付時間 平日10:00-17:00(土日祝休業) 24時間WEB受付中
06-6926-4526,受付時間 平日10:00-17:00(土日祝休業) お問い合わせ